FXを始めるにあたってテクニカル分析を極めよう

FX初心者でも相場で勝つための必勝情報サイト > FXを始めるにあたってテクニカル分析を極めよう

FXで稼ごうならテクニカル分析は必須

初心者がまず勉強しなくてはいけないのは、テクニカル分析です。

このテクニカル分析とは、相場の流れをみるために、必ず頭に叩き込まなくてはいけません。

それがロウソクと呼ばれる手法か、ボリンジャーバンドなのか、MACD、RSIなのかは好きなものを使うのがいいです。ただし、使いこなす必要があります。

基本的に、相場の流れは気まぐれで、上がるのか下がるのかは、どんなにプロであっても予想はつきません。

未来を想像することはできないので、過去の流れを平均化したり、実際の流れに合わせて、色々な形のテクニカル分析方法があります。

ただし、経験が大事です。

私の場合はボリンジャーバンドとRSIを基準に分析しています。

しかし、当たったり外れたりと色々です。誰もが100パーセント絶対に当たることはなく、むしろ、エントリーした途端に、逆方方向に流れたり、止まったりするのが当たり前なのです。

だから、プロは当たる確率を上げるための方法としてテクニカルを使うのです。

ある有名な江戸時代の相場師は、この相場のことを「相場様」と言っていました。

そのくらい、まるで生きているかのようにチャートの中で動き続けています。

止まることのないFXにおける売買の流れの中に、上手に入るためには絶対にテクニカルが必要です。

どこのポイントに自分の資金を投入するかは、やはり、テクニカル分析をすると分かってきます。あとは経験です。

とにかく、まずは、資金があったら1000通貨で実際に取引をしましょう。お金がないのなら、デモトレードを利用してみましょう。

実戦を通じてテクニカルを学び、生かす。これが成功法則です。

プロフィール
プロフィール画像
FXを初めて5年経ちました。ある程度は勝てるようになってきましたが、まだまだこれからです。